情報処理安全確保支援士(登録セキスぺ)とはいったい何?

情報処理安全確保支援士は

ネットでのサイバー攻撃に対して企業などでセキュリティ対策を担えると国が認めたひと
IPA(Information-technology Promotion Agency:情報処理推進機構)が運営する”情報処理安全確保支援士試験”に合格して登録手続きをすれば”情報処理安全確保支援士”を名乗れます。

 

登録セキスぺは略称

「情報処理安全確保支援士」の英語名はRISS(Registered Information Security Specialist)です。、
和訳すると「登録情報セキュリティスペシャリスト」。そこから”登録”と”セキ”と”スぺ”をつなげたようです。

 

試験の名称は、2016年まで”情報セキュリティスペシャリスト試験”でしたが、制度の変更に合わせて2017年から”情報処理安全確保支援士試験”に変わりました。

情報処理安全確保支援士とは記事一覧

情報処理安全確保支援士とは資格試験を実施しているのは情報処理推進機構(IPA)です。そのIPAのホームページから引用します。情報処理安全確保支援士とは概要サイバー攻撃の急激な増加により、企業などにおけるサイバーセキュリティ対策の重要性が高まる一方、サイバーセキュリティ対策を担う実践的な能力を有する人材は不足しています。そこで、サイバーセキュリティに関する実践的な知識・技能を有する専門人材の育成と確...

どのくらいの人材がいて、不足しているか日本にどれくらいの情報セキュリティ人材がいて、どれくらい必要で、どれくらい不足しているか?2012年の4月の末に推計値が公表されました。情報処理推進機構(IPA)は4月27日、「情報セキュリティ人材の育成に関する基礎調査」の報告書を公開した。企業を中心に人材数やスキルが不足していることが明らかになった。それによると、従業員数100人以上の企業で情報セキュリティ...

スポンサーリンク
page top