試験を受験するための方法について紹介

情報処理安全確保支援士試験を受験するためには「試験への予備知識」「受験への取り組み方」「受験講座」「独学での受験対策」「関連書籍」など、いろいろ知っておきたいことがあります。ここではそういった情報をお伝えします。

情報処理安全確保支援士試験対策記事一覧

情報処理安全確保支援士試験は4つに分けて1日で行われます一足飛びに情報処理安全確保支援士試験に合格できる手段は、まずありません。自分の知識を蓄え、それをレベル順に積み上げてゴールを目指しましょう。午前試験については試験要綱の5ページ試験区分別出題分野一覧表を元にして説明します。午前1試験の合格レベルを目指すはじめは、情報処理技術者試験のレベル2に位置付けられている「基本情報技術者試験」を受けて合格...

情報処理安全確保支援士試験に受験講座がなぜ必要か?正式名称「情報処理安全確保支援士試験」、通称名「登録セキスぺ試験」は、情報処理技術者試験の高度試験レベルの試験の一つです。合格するのはたいへんです。単に仕事で情報セキュリティに係っていれば合格できるというものではありません。広い範囲での基礎知識や専門的な分野での実務能力を問われます。試験対策的なテクニックも必要になります。忙しい仕事の合間に、受験勉...

情報処理安全確保支援士試験に合格するには受験講座を受講できれば効率よく合格への道を進めます。受験講座は、受講者の立場に立ったいろいろなカリキュラムが用意されていて、受けやすくなっています。でも、費用の面で受験講座を申し込むのは難しいというあなたへ、このページを書きました。受験用の参考書や問題集などを用いた独学による合格は可能です。重要ポイントや自分の弱点を見極めて、的を絞って、意志を強く保って、参...

情報処理安全確保支援士試験を受験するために頼りになる参考書や問題集です。いくつかの出版社から出ています。参考書は大きく分ければ概要編(薄い冊子)と詳細な解説編(分厚い冊子)に分かれます。大体はページ数とか値段で値段で区別がつきます。それぞれを購入して、概要編をざっと通読して大体を理解し、詳細な解説編で不明な点を理解する。問題集は、予想問題と過去何年かの出題と解答と解説が載っており、大判で分厚いです...

スポンサーリンク
page top